本文へスキップ

診療詳細Ditail

泌尿器科

方針イメージ


尿が出ない、尿が漏れる

排尿時に痛い、トイレが近い、夜間の排尿で何回も起きる、

わき腹が痛い、下着に膿がつく、

男性更年期障害(LOH)ED 、AGA など 、

気になる症状はお早めにご相談ください。

※男性更年期障害(LOH症候群)の診療が、2月から検査センターの都合で男性ホルモン検査ができなくなり、受け入れができなくなりました。検査の再開で診療も再開いたしますので、ご了承ください。

手術は包茎や男性不妊手術に対応いたします。
(仮性包茎手術とパイプカットの手術は自費となります。料金はいずれも消費税込157,500円となります。)

小児泌尿器科


お子様の おもらし、おねしょ(夜尿症)、トイレが近い、包茎、包皮炎など

「これって大丈夫?」といった疑問など、ご相談ください。

>>オチンチンの疑問について

>>おねしょ(夜尿症)について

FAQ 

過活動膀胱とはどんな病気なのですか?

@尿の回数が多い(昼間8回以上、夜間1回以上)
A尿が急にしたくなり、我慢が難しい。
B我慢できずに尿をもらすことがある。

これらの症状のうち1つでもあれば過活動膀胱の可能性があります。
過活動膀胱は本来ゆったりと尿を貯められる膀胱が尿を貯めている途中でひどく緊張してしまう病気です。
その原因は加齢やストレス、脳卒中などで、罹患している人は40歳以上では約810万人と推定され、医療機関への受診率は高齢になるほど増加します。

しかし、欧米諸国と違い、特に日本人女性の受診率はとても低く、「恥ずかしいから」「年を取れば当然」などの理由で人知れず困っている方が多くおられます。

過活動膀胱には有効なお薬があります。
快適な人生を送っていただくためにも、心当たりのある方は男女を問わず、あきらめないで是非とも専門医療機関にご相談ください。


泉谷ふれ愛クリニック泉谷ふれ愛クリニック

〒458-0848
名古屋市緑区水広1丁目902番地の1
TEL 052-879-2022
FAX 052-879-2055



hatsumo-web.jp